設備紹介

工場は延べ面積300㎡、1F天井高4730mm、3F天井高3750mmあり、最近のハイトールな扉の生産や4mを超える材料の取り扱いもスムーズに効率よく作業できる環境になっています。

工場内

1階は、主に木製建具の製造、3階は、オーダー家具の製造をしています。また、1階と3階の往来をスムーズにするためのリフトを備えています。

事務所

中間の2階にオフィスを備え、製作指示が生産に伝わりやすいようにしています。

屋上材木置き場

桧・タモ・ヒバ・杉・ナラなどの無垢材を、半年から1年天日干しにすることで自然乾燥さて、狂いの少ない材料にしています。

切削機&穴堀機

2015年11月に、木材の厚みを削る機械を、厚さ1ミリまで削れる特殊ゴムローラーの付いたTAIYOのプレナ機(精度に定評がある)に入れ替えました。
また、それぞれの機械をダクトで一括集塵機につなぎ、木材削りくずを集め、作業の環境に配慮して製品を作っています。
穴掘機は、油圧制御でスムーズに作業ができ、手元にエアーが噴出る装置を設置することにより精密な加工ができるようになりました。

プレス&パネルソー

新建材等を圧着するプレスは、3m対応の機械を導入しました。材料・製品のカットで一番良く使い、精度が求められるパネルソーも、3m対応の機械を追加導入しました。

ラジアルソー&組立機

ラジアルソーは、データー入力により組子切り欠き作業を自動で正確な位置に加工することができます。
無垢の建具のパーツを組み立てる組立機も3m対応に入れ替えました。

NC制御ホゾ取機

2016年6月に導入した機械です。無垢扉の材料をクギを使わないで組立るための加工を、自動で正確に行うことができます。

Keep in touch

Facebook

Twitter

Google+